サジーの栄養素は299種類

このエントリーをはてなブックマークに追加   

サジーに含まれる栄養。なんと299種類も含まれています!

サジーに含まれる栄養について

 

サジーにはなんと299種類の栄養素が含まれています。
アミノ酸19種類
アルコール、フェノール、エーテル14種類
アルデヒド19種類
エステル15種類
エッセンシャルオイル29種類
カロテノイド37種類
ケトン2種類
テルペノイド8種類
ビタミン16種類
フラボノイド18種類
ミネラル26種類
脂肪酸26種類
植物ステロール19種類
食物繊維1種類
炭水化物37種類
糖鎖3種類
芳香族化合物4種類
有機酸6種類
合計299種類

 

その中でも特に注目したい栄養素について触れていきたいと思います。

 

?食物繊維
食物繊維は便秘の改善に役立つことで知られています。
主に野菜や果物などに含まれ、サジーにもその食物繊維が含まれています。
現代では実に女性の2人に1人は便秘に悩んでいて、サジーを摂取する方の多くはこの便秘改善の効果を期待しているようです。

 

?ミネラル
サジーに含まれるミネラル類で代表的なものは、鉄、亜鉛、カリウム、銅、カルシウム、リン、マグネシウムなどがあげられます。
ミネラル類を摂る事で重要なのは、吸収をよくするために単体よりも複数で摂ることで吸収を助け合うミネラル分を同時に摂ることが重要となります。
例えばカルシウムなどは、カルシウムだけ単体で摂っても上手く吸収されず体の外に排出されてしまいます。
カルシウムを効率よく体内に摂りいれるためには、マグネシウムを同時に摂る事が必要です。
また、貧血などの対策に効果がると言われている鉄は、ビタミンCと同時に摂る事で吸収率がアップするのでビタミンCと一緒に摂る事が必要です。
カリウムはナトリウム排出を促す効果が期待できますので、むくみや高血圧にお悩みの方には積極的に摂りたい栄養素です。
サジーにはこれらのミネラルが豊富に含まれています。

 

?ビタミン
ビタミンは鉄の吸収を助けるビタミンCや、代謝に関わるビタミンB類などがサジーには含まれます。中でもビタミンCは女性には不可欠なお肌をきれいにするのに必要なおなじみの栄養素です。

 

?カロテノイド
カロテノイドは動植物がもつ自然界に存在する色素の総称を指します。
その数は600種類以上あるといわれ、良く耳にするものとしては、α-カロテンや、β-カロテン、リコピンなどが代表的です。
抗酸化力が強く、活性酸素を除去する力が強いと言われています。

 

?フラボノイド
いわゆるポリフェノールのひとつで、よく聞くものにアントシアニンがあります。
高い抗酸化作用があり、よく耳にする事も多い栄養素です。

 

?アミノ酸
たんぱく質を構成するヒトの構造に重要な役割を持つ生命の源といえる栄養素です。
内臓や皮膚、筋肉形成に重要で、疲労回復などにも効果があり、スポーツドリンクや栄養補給のための食品やサプリメントなどにも良く使われます。
体内で作ることができずに食物でしか摂取できない必須アミノ酸9種類と、体内で作ることができる非必須アミノ酸11種類、合計20種類があり、サジーにはこの内、19種類含まれています。

 

?有機酸
いわゆる酸の総称ではありますが、腸内環境を整え、悪玉菌を抑制するはたらきがあります。
果実などに含まれることが多いのが特徴でサジーにも豊富に含まれています。